新井雄大の何気ない一言に泣き出してしまう小室安未。果たして新井雄大のデートへの誘いはうまくいくのか?/テラスハウス軽井沢編の第4話ネタバレ

小室安未をつめる新井雄大、、、

夜。プレイルームで話をする小室安未と新井雄大、岡本至恩。
小室安未

以前の話では、モデルをやりたいといっていたが、ふんわりしていたと指摘する岡本至恩。

小室安未はずっと考えていたという。
新井雄大も便乗して、小室安未が何を目指しているのかわからないと言い出す。
小室安未

すると、小室安未は泣きそうになってきたと言い、黙り込んでしまう。
そして泣き出す。
小室安未

なぜか新井雄大も泣き出す。

小室安未は、何になりたいかわからないので、それをずっと考えているらしい。
すると、岡本至恩がトイレで席を外す。すかさず小室安未もその場を離れる。。。

どうすれば良いのかわからない小室安未

その後、リビングで岡本至恩と治田みずき、小室安未で集まると、小室安未は、悩んでいるし目標が大きいのに対して、就職活動も、モデルになる努力も今はしていないことに焦りを感じでいた。
小室安未

治田みずきは、それは自分がやらないと誰もやってくれないと指摘する。
更に、治田みずきは新井雄大の「何がやりたいのかわからない」の発言について疑問をていする。

しかし、岡本至恩がそれは本当に悪気あって言ったわけではなく、単純に疑問に思っているんだと思うと言う。

治田みずきは、個人的に新井雄大に対しても、「お前は大丈夫か」って思っちゃうと漏らすと、岡本至恩は、まだ子供だからと。
小室安未

いつでも相談してと言って、その場を去る岡本至恩。

小室安未は新井雄大のコミュニケーションに悩んでいるような様子があるが、治田みずきも本当に嫌だったら、嫌だと伝えた方がいいよと助言する。

中村貴之からの助言

男子部屋に戻る新井雄大。そこに待っていた中村貴之。
男子部屋

新井雄大は、小室安未に泣かれてしまったことを相談する。
何も目標がない小室安未がわからないと言う新井雄大に対して、中村貴之は、自分が20歳ぐらいの時は、プロスノーボーダーになるという野望もなかったから、小室安未の気持ちもわかるという。

しかし、それでも良いと思う。
新井雄大は心配の方が大きいと思っているという。

次のページは、新井雄大が意を決して小室安未をデートに誘う

1 2 3

いいね!を押してリアルタイムで更新情報を受け取りませんか?

関連記事

間接キス

小田部仁と松川佑依子が恋に発展するのか!?

小田部仁と和泉真弥の朝 リビングで1人朝ごはんを食べる小田部仁。 そこに慌てて降りてくる

記事を読む

66話 IT’S MY LIFE

2014年2月3日にフジテレビで放送されたテラスハウス第66話 IT'S MY LIFEの動画やあら

記事を読む

第13話 SPECIAL EDITION 恋の特別編

2013年1月3日に放送された第13話 SPECIAL EDITION 恋の特別編の動画です。

記事を読む

キス

テラスハウス9月15日第96話の動画やあらすじ/山中美智子の出した答え

2014年9月15日にフジテレビで放送されたテラスハウス96話「REMAIN IN THE HOUS

記事を読む

玉城大志と福山智可子

テラスハウスハワイ編の最終回!福山智可子と玉城大志が最後まで残り別れを惜しむ/テラスハウスハワイ編の第36話最終回ネタバレ

テラスハウスハワイ編の最終回である、第36話「Bye Bye Terrace House in Al

記事を読む

関川良

イケメン過ぎるテラスハウス新メンバー関川良について色々と調べてみました

関川良のプロフィール 関川良は26歳でアパレルの卸しをやっているJAMGLE JAMに勤務をし

記事を読む

テラスハウス21話

第21話 TWO LOVE TRIANGLES

2013年3月1日にフジテレビで放送されたテラスハウス第21話 TWO LOVE TRIANGLES

記事を読む

中嶋ウェスリー

モテ男、中嶋ウェスリーの詳しい経歴やプロフィール。YALLA FAMILYの一員ということが判明!

中嶋ウェスリーのプロフィール 本名は中嶋ウェスリー。29歳で職業はラッパーをしている。

記事を読む

第5話 IT’S NEVER TOO LATE TO START

2012年11月9日放送の第5話 IT'S NEVER TOO LATE TO STARTの動画です

記事を読む

テラスハウス44話

第44話 BYE-BYE CHAMPION

2013年8月16日にフジテレビで放送されたテラスハウス第44話 BYE-BYE CHAMPIONの

記事を読む


  • テラスハウス インサイド (扶桑社ムック)
  • Red
PAGE TOP ↑