ローレンサイの卒業後インタビュー。改めて鮎澤悠介とのデートを振り返る

テラスハウスハワイ編18話で卒業をしたローレンサイ。
卒業後のインタビューでは、テラスハウスでの生活と、恋愛について振り返る。
ローレンサイ

テラスハウスへ参加してみて

ローレンサイはテラスハウスへの参加をターニングポイントだったと語る。

テラスハウスに参加をしていなかったら、今はモデルの仕事だけをしていただろうと振り返る。

一番最初にテラスハウスに入った時は、全てが新品でとても楽しかった。
みんな夢を追いかけている。

緊張をしたが、個展を開いたことによって、改めて絵を頑張ろうと思えた。

皿洗いの件で、エビアンとの衝突があったおかげで、より団結力が強まったという。
更に、テラスハウスでの生活で、片付けることの大切さを改めて感じたという。

鮎澤悠介との恋愛について

ローレンサイ
テラスハウスでの恋については、したかったが合う人がいなかったと振り返る。
鮎澤悠介からのデートに誘われたことについては、びっくりした。
彼とは友達になりたかった。

最後の食事のシーンで誘われたことに関しては、既に予定があったので仕方なかったという。
インターネットでのコメントを読んで、改めてご飯に行くべきだったかなと思ったという。

玉城大志への想い

玉城大志との恋愛について。

最初にテラスハウスに来た時は、気になったが違った。

玉城大志をサッカーに誘ったシーンでは、とても緊張をした。
それは彼がローレンサイに想いがないと思っていたから。

その他男性メンバーへの想い

ローレンサイ
エリックに関しては、友達として最高だと思う。
恋には発展しないとお互いに思っているはず。

佐藤魁については、彼は良い友達だと思う。

ローレンサイは改めて、ストライクゾーンが狭いかなと振り返る。
今は恋愛よりも仕事だと思っているという。

実は年上が好きだという。

最近は、半田悠人のような人が好きだという。

これからのローレンサイについて

東京での生活については、1人で寂しさがあるという。

今後は、東京を拠点に個展をして、頑張っていこうと思っている。
モデルの仕事も最近は忙しい。

いいね!を押してリアルタイムで更新情報を受け取りませんか?

関連記事

玉城大志と福山智可子

玉城大志がダブルデートで大暴走。福山智可子の頭へキス/テラスハウスハワイ編の第32話ネタバレ

テラスハウスハワイ編の第32話「The Monster She Made」のネタバレです。

記事を読む

テラスハウス26話

第26話 BRANDNEW TERRACE HOUSE

2013年4月12日にフジテレビで放送されたテラスハウス第26話 BRANDNEW TERRACE

記事を読む

丹羽仁希

丹羽仁希の想いは玉城大志と佐藤魁のどちらに傾くのか!?/テラスハウスハワイ編の第18話ネタバレ

テラスハウスハワイ編の第18話「Everyone's Sweetheart」のネタバレです。

記事を読む

テラスハウスメンバー

テラスハウス映画版の試写会に集まったテラスハウスメンバー

続々と映画版テラスハウスの上映会にやってくる過去のテラスハウスメンバー。 過去のメンバーが

記事を読む

丹羽仁希

どこか気まずい雰囲気の丹羽仁希と佐藤魁。一方の羽石杏奈と玉城大志は!?

テラスハウスハワイ編19話の追加エピソード。 玉城大志、佐藤魁、丹羽仁希、羽石杏奈の4人が、ビーチ

記事を読む

テラスハウス78話

テラスハウス5月5日第78話の動画やあらすじ

2014年5月5日にフジテレビで放送されたテラスハウス78話「I WANNA BE ALONE WI

記事を読む

丹羽仁希と佐藤魁

佐藤魁と丹羽仁希が遂にキス。正式に付き合うことになったのか!?/テラスハウスハワイ編の第24話ネタバレ

テラスハウスハワイ編の第24話「A Kiss in the Moment」のネタバレです。

記事を読む

テラスハウス59話

第59話 FOURTH TIME BEING HONEST 2013年12月10日放送 

2013年12月10日に放送された第59話 FOURTH TIME BEING HONESTの動画で

記事を読む

シェリーマリア澄川ラボエ

気持ち悪かったと家族会議を振り返り、メンバーに対しても毒づきまくるシェリー

テラスハウスハワイ編の問題児である、シェリーマリア澄川ラボエの卒業後インタビュー。 最後のインタビ

記事を読む

第16話 HUNGRY FOR LOVE

2013年1月25日に放送された第16話 HUNGRY FOR LOVEの動画です。 テラ

記事を読む


  • テラスハウス インサイド (扶桑社ムック)
  • Red
PAGE TOP ↑