島袋聖南が完全にメンヘラだと思った

テラスハウス82話の感想

2014年6月2日のテラスハウス82話を観た完全に個人的な感想を述べていきたいと思った。
島袋聖南

メンヘラの島袋聖南

前回とか、今回とかの放送を観てると、島袋聖南は完全にメンヘラ気質があるな~と思いますね。

情緒不安定。よく言えば喜怒哀楽が激しいけど、これはもうメンヘラ意外の何物でもない気がしますね。

まーくん(湯川正人)は無いとか言っておいて、この後にはアリになって、ちょっとした発言でナシになる。

怖すぎですね。

待ち伏せ返し

以前のけんけん(保田賢也)の待ち伏せが嬉しかったんでしょうか、それをやり返すという演出。

これはちょっとヤラセっぽすぎて、どうかなというのが率直な感想。

さらに、待ち伏せに気づいたけんけん(保田賢也)のリアクションとかも、まだテラスハウス入りたての素人には難しすぎた印象。

その後の車内でのシーンでも、こっちが恥ずかしくなるような言葉の掛け合い。

これもどうなのかな~という感じですね。

喜怒哀楽の激しさに惹かれる

てっちゃん(菅谷哲也)とまーくん(湯川正人)のカフェのシーン。

喜怒哀楽が激しいほうが惹かれるって、これも完全に痛いレベル。
まーくん(湯川正人)のあの棒読みの感情からは、そこまでの強い想いが伝わってこないんだよな~、、、

なんかてっちゃん(菅谷哲也)まで悩むみたいなシーンは意味がわかんないかな。

最近は仕事が忙しくて、テラスハウス内での動きに欠けるてっちゃん(菅谷哲也)を無理矢理使った感じが否めない。

地球!?

2人で夜中から朝方までのネタ合わせ。

つい先日まであのモチベだった人間が、いきなりここまでくるか!?

完全に地球の好感度アップを狙った手法で、これは成功しそう。
単独ライブもしっかり客も入って、面白くなくてもお笑い継続。
という流れかな。

そろそろフランキー出さないとな

これもてっちゃん(菅谷哲也)と同じで、恋愛で使えない人間はやっぱり使いづらい。

今までは触れずにきたが、さすがにそろそろということで、まぁ仕事に絡めた話で登場という印象。

これが何話かもてばまた助かるが、もう売名も出来て、仕事もそれなりに増えたという意味では、フランキー(フランセス・スィーヒ)の卒業と近いかもしれない。

中国から帰ったら

引っ張るな~という印象。
最近のテラスハウスは本当に、昔のあいのりみたいに撮っている時期と放送がかなり空いてしまっている印象。

みていても、そこまで時期が経っている感じがしないもんな~。

公開日: : 感想 |

いいね!を押してリアルタイムで更新情報を受け取りませんか?

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

小貫智恵

小貫智恵ちゃんの胸が気になる。。。

テラスハウス63話の感想 遂に男女ともに1人ずつ新メンバーが入りましたね。 女性の方は思

記事を読む

テラスハウス38話

友情を超えた今井華と宮城大樹の関係

大樹がテラスハウスを卒業 華を大樹が呼びだして、やりたいことが見つかったことやテラスハウス

記事を読む

葛原岡神社

テラスハウス63話の感想

テラスハウス63話の感想 四人の残されたメンバーが初詣からのスタート! いったいこれからどう

記事を読む

テラスハウスMC

テラスハウスのMCの会話がおもしろすぎ

朝のほっこりシーン 朝8時、みんなが続々と出かける準備や朝食に集まってくる風景がなんだかこ

記事を読む

テラスハウス70話

バレンタインデーのまいまいが最高だった

テラスハウス71話の感想 本命バレンタインデーにニヤニヤ まいまいのてっちゃんへの本命バレン

記事を読む

手を繋ごう

今井洋介の印象が変わった日

音痴だけど心に響くいい歌 洋介の梨奈への自作の歌は、音痴だけど心に響くいい歌で私は好きです

記事を読む

城ヶ島公園

ようさんの気持ちがわかります。理解できませんか??

テラスハウス71話の感想 ようさんの気持ちわかるよ。。。 女の私ですがようさんの気持ちがわか

記事を読む

テラスハウス

テラスハウスの続編はもうない!?テラスハウスが売りに出されている件

テラスハウスの物件が売られている!? この見慣れたリビングと、そこからの海の眺め。 明らかに

記事を読む

THE BUND

テラスハウスのバイブス!今井華は本当に強者だと思う

テラスハウス62話の感想 流行語面白い! この日のテラスハウスは新年一発目ということで、特別

記事を読む

今井華

華ちゃんがかっこよすぎてマジで惚れた話

テラスハウス72話の感想 華ちゃんかっこいい! まず、一言で言うと、華ちゃん、かっこいい!!

記事を読む


PAGE TOP ↑