新田満理子ともうちょっと一緒に過ごしたかったと語る関川良

テラスハウスハワイ編で最後の参加者ながら、多くのメンバーの心の拠り所になった関川良が語る、テラスハウス卒業後インタビュー。

関川良

テラスハウスでの生活について

「あっと言う間でしたね。一瞬で終わっちゃって、、、もっといたかったなという感じですね」と語る関川良。

テラスハウスでの生活は、市場調査として挑んだ。
結果的に良い出会いがいっぱいあって楽しかった。

日本社会で生きてきて、自分の気持ちを出すことをしなかったが、シェリーや新田満理子をみて、自分の気持ちを出すということは、良いこともあることに気付いた。

玉城大志について

玉城大志をみていて思ったのは、似てないようで自分に似ていると思った。自分はどうでも良いが、大切な人が傷ついたりしているところを黙ってみていられない性格。

今でこそ、メローな感じになっているが、学生時代は似ていたと思う。
芯がぶれていないところがかっこよかった。

バイクの練習も良い思い出。

福山智可子について

関川良
福山智可子に対しては、シェリーと新田満理子に比べて、、日本人ぽいところを感じたが、実際は自分をしっかりと持っていて、初めてのデートでは、色々と話をして、玉城大志のことを人として好きだと聞いて、応援SWITCHが自分の中で入った。

最初はキレイで良い感じの子だと思った。

新田満理子について

新田満理子については、もう少し時間が欲しかった。
一番仲が良くて、日常にストレートな感じがないことが寂しい。

もうちょっと時間があって、お互いを知っていたら、ナシじゃなかったかもしれない。

新田満理子は、全く正反対の性格で、テラスハウスじゃないと出会えないような人。
カフェで話をした時にも、強く見えたが繊細で理解出来る子だった。

新田満理子が一番仲良く、長く話をした相手だった。

これから

関川良
これからは、他のメンバーは自分の理想のスタイルで生きているところをみていて、自分の人生なんだから、好きなスタイルを確立していかないと、死んだ時に後悔するなと思った。

アーマンからも多くの刺激を受けた。
稼げなくても、幸せそうだった。

やっぱり自分で、自分の人生をメイクする、安定する生活ではないことが一番だと思った。
これからはどんなチャンスがあるかわからないが、アタックをしてものにしていきたい。
ストレートに素直に生きていきたい。

いいね!を押してリアルタイムで更新情報を受け取りませんか?

関連記事

テラスハウス2話

第2話 THE BEGINNING OF SOMETHING NEW OR…

2012年10月19日にフジテレビで放送されたテラスハウス第2話 THE BEGINNING OF

記事を読む

テラスハウス21話

第21話 TWO LOVE TRIANGLES

2013年3月1日にフジテレビで放送されたテラスハウス第21話 TWO LOVE TRIANGLES

記事を読む

テラスハウスメンバー

テラスハウス流行語大賞

テラスハウス名言集 それヤダ 北原里英 テラスハウス開始当初から北原里英(りっちゃん)に恋を

記事を読む

テラスハウス64話

第64話 IT’S TIME TO SING GOODBYE

テラスハウス64話ざっくり言うと テラスハウスにまだ慣れない小貫智恵を気遣いながら、恋のアピ

記事を読む

第14話 THE GIRL HAS COME

2013年1月11日に放送された第14話 THE GIRL HAS COMEの動画です。

記事を読む

田森美咲

テラスハウスイン・ザ・シティの第29話のあらすじ/斎藤夏海と田森美咲の確執

テラスハウスインザシティ第29話の『Nightie Nightmare』のあらすじになります。

記事を読む

52話

第52話 THERE MUST BE A CATCH

2013年10月21日に放送された第52話 THERE MUST BE A CATCHの動画です。

記事を読む

テラスハウス37話

第37話 JUST THE WAY YOU ARE

2013年5月31日にフジテレビで放送されたテラスハウス第37話 JUST THE WAY YOU

記事を読む

島袋聖南

島袋聖南がノーバン生活を暴露するが、負けじと菅谷哲也も告白、、、

ノーパン主義発覚!?をざっくり言うと 寝る時は必ずノーパンだという聖南さん(島袋聖南) 寝る時は

記事を読む

丹羽仁希と玉城大志

丹羽仁希と羽石杏奈のどちらに行くべきなのか悩む玉城大志/テラスハウスハワイ編の第19話ネタバレ

テラスハウスハワイ編の第19話「A Long & Winding Road to Love」

記事を読む


  • テラスハウス インサイド (扶桑社ムック)
  • Red
PAGE TOP ↑